業界別の平均的な情報に惑わされる転職

看護師としてどの業界で働くかと考えたときに役立つとされているのが業界別情報です。

病院、クリニック、養護老人ホーム、在宅看護などの様々な業界で看護師が働いた場合に、どの程度の待遇が得られているかを平均として示したデータが見つけやすくなっています。平均給与、平均勤務時間、平均看護師数などの様々な観点での比較が行われていて、自分が仕事に対して望むものに応じて業界を選びやすくなっているのは確かでしょう。しかし、それを鵜呑みにしてしまったために転職に失敗してしまい、再度業界を変えて職場を探すことになる人も少なくありません。

その原因となっているのは、あくまで業界別情報は平均のデータであることを見落としていることです。業界が同じであっても地域差によって給料が異なったり、職場によって残業時間が異なったりするのは当然でしょう。その視点を重視せずにまずは業界を決めてしまってから転職先を探すという方法をとると、少し考えてみたらよりよい職場が別の業界にあったことに気づいてしまうことがよくあるのです。業界別の情報はあくまで平均であるという意識を持って参考程度におさめておくことが大切でしょう。そして、自分がやりたい仕事内容は何かと考えて、その仕事ができるという前提のもとに、個々の現場での実情を理解して職場選びをするのが賢明です。

待遇の違いは現場間の差が大きいのが実情であり、平均に惑わされないことが大切になります。

2018年8月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリー
  • カテゴリーなし
アーカイブ